食生活とワキガ

私たち日本人の食生活は和食から洋食化に移行しつつあります。それによって私たちがよく食べる食材も大きく変わりました。野菜や大豆など良質なたんぱく質を摂取していましたが、今は肉や魚、脂肪や糖分をたくさん含む洋菓子なども好んで食べています。このような食生活は私たちに様々な変化を与えています。その一つとしてあげられているのは、ワキガです。

日本人がワキガになる確率は10%といわれ、とても低い数値です。欧米諸国は70%から80%がワキガになっているといわれています。日本人はワキガになる人が少ないからこそ、なっていない周りの人がとても敏感に察知してしまいます。

ワキガのにおいを強力にしてしまう要因としてあげられるのが食事の内容です。毎日の食生活で肉などを多く食べる人はどうしても高カロリーで高脂質な食生活になってしまいます。これらは腋臭の原因となるアポクリン腺を生み出す元と言われているため過剰摂取は注意が必要です。またジャンクフードやお菓子などの脂質や糖分もアポクリン腺を作り出してしまいより匂いが強烈になってしまいます。欧米諸国の人たちは肉やジャンクフードを食べる人が多い為、ワキガになる人が多いといえます。ワキガが気になる人は食生活を見直すだけでも匂いの改善に大変効果が期待できます。

ワキガの特徴

これから暑くなると気になるのがわきの匂いではないでしょうか。汗をかく機会も増えると誰もが脇から汗をかきやすくなります。わきの汗を感じると、もしかしたらくさいと思われていないか気にしてしまうでしょう。特に満員電車や彼女と一緒にあるいている時、車内など人と人が密着している時や密室の空間にいる時などは特に気にしてしまうでしょう。

日本人はにおいに敏感で更に綺麗好きな人が多いのが特徴です。日本人は毎日お風呂に入るのが当たり前ですが、他の国では一週間に一回しか入らないという国も沢山あります。そのためワキガなどの体臭は不潔というイメージがあり、周辺の人にいやがかられてしまう可能性が高いです。ワキガは汗をかくと発症すると思っている人が多いです。

実は脇汗は塩分と水でできているため無臭です。これはエクリン腺と呼ばれる汗腺から出ている脇汗だからです。腋臭のにおいの原因となっているのが、もう一つのアポクリン腺という汗腺からの汗です。アポクリン腺の汗には脂肪や糖分、たんぱく質、アンモニアなどが含まれています。これらの成分はワキガのにおいの原因となり黄ばみにもつながります。

このアポクリン腺から汗が出てしまう人が、ワキガ体質だといえます。このアポクリン腺は生まれながら数が決まっているといわれています。そのため遺伝によってワキガになってしまう人も多いです。また毎日の食生活によってワキガが強烈になってしまう場合もあります。どのような人がワキガになりやすいといわれているのでしょうか。