体型の違い

日本人でワキガに悩む人はとても増えています。わきには実は2種類の汗の違いがあります。一つ目はエクリン汗腺から出る汗で、無臭なのが特徴です。体温調節や緊張をしている時などに出てくる汗の事を指します。この汗は辛い物を食べた時や冷や汗をかいた時などもこの汗腺から多く分泌されます。そのため汗を沢山かくけれど匂いあまりしないという人はエクリン汗腺から出る多汗症だといえます。ワキガと勘違いしやすいですが、ワキガとは汗腺が異なります。

ワキガはアポクリン汗腺から分泌される汗が皮脂腺から分泌されたものとまじりあって強烈なにおいを生み出します。このアポクリン汗腺は誰もが持っていますが、個人差があり生活環境とも密接な関係があります。特に肥満体の人は、摂取している食べ物が糖分や脂肪分が多いのが特徴です。肉類を好んで食べる人も多く、動物性タンパク質がアポクリン汗腺を刺激してより強いにおいを出してしまうことが分かっています。

その他にもジャンクフードの脂質などもその原因と言われています。肥満体の人は食べているものを見直す事でワキガの症状を改善する事ができます。具体的には野菜や穀物、魚などを意識しているとポリフェノールやβ―カロチンやビタミンを取り入れる事になります。これらがワキガの体質の改善に効果があるといわれています。