ワキガと遺伝

気温が上がり汗をかく事が増えるとどうしても気になってしまうのがワキガです。人と人との距離が近ければ近いほど、自分のにおいを気にしてしまう人は多いのではないでしょうか。全く知らない人に近くにいる事で嫌がられるような顔をされたくないという気持ちだけでなく、身近な人は常に近くにいる存在だから嫌な思いをさせたくないという気持ちもあります。そのため今ではワキガのにおいを抑制する生活習慣や治療法などが増えてきています。

そこでワキガになってしまう原因としていろんな要因が挙げられています。日本人は10人に1人がワキガになるといわれています。他の国に比べると比率が低い分、他人の不快なにおいには敏感になっているといわれています。そのため深刻にとらえてしまう人がとても多いのが現状です。

ワキガになってしまう要因はいろいろありますが、その中でも約3割の人が遺伝が原因と言われています。両親がワキガの場合、子供には約80%の確率でワキガが遺伝するといわれています。もし両親のどちらかがワキガだった場合、約50%の確率で遺伝するといわれています。ワキガは遺伝が原因になる確率も高いですが、遺伝だからと諦める必要はありません。美容皮膚科などでワキガ治療を行っているため、症状を改善することが可能です。

関連リンク【http://www.shirono.net/
ワキガ治療を行っている美容皮膚科「シロノクリニック」です。