体型の違い

日本人でワキガに悩む人はとても増えています。わきには実は2種類の汗の違いがあります。一つ目はエクリン汗腺から出る汗で、無臭なのが特徴です。体温調節や緊張をしている時などに出てくる汗の事を指します。この汗は辛い物を食べた時や冷や汗をかいた時などもこの汗腺から多く分泌されます。そのため汗を沢山かくけれど匂いあまりしないという人はエクリン汗腺から出る多汗症だといえます。ワキガと勘違いしやすいですが、ワキガとは汗腺が異なります。

ワキガはアポクリン汗腺から分泌される汗が皮脂腺から分泌されたものとまじりあって強烈なにおいを生み出します。このアポクリン汗腺は誰もが持っていますが、個人差があり生活環境とも密接な関係があります。特に肥満体の人は、摂取している食べ物が糖分や脂肪分が多いのが特徴です。肉類を好んで食べる人も多く、動物性タンパク質がアポクリン汗腺を刺激してより強いにおいを出してしまうことが分かっています。

その他にもジャンクフードの脂質などもその原因と言われています。肥満体の人は食べているものを見直す事でワキガの症状を改善する事ができます。具体的には野菜や穀物、魚などを意識しているとポリフェノールやβ―カロチンやビタミンを取り入れる事になります。これらがワキガの体質の改善に効果があるといわれています。

ワキガと遺伝

気温が上がり汗をかく事が増えるとどうしても気になってしまうのがワキガです。人と人との距離が近ければ近いほど、自分のにおいを気にしてしまう人は多いのではないでしょうか。全く知らない人に近くにいる事で嫌がられるような顔をされたくないという気持ちだけでなく、身近な人は常に近くにいる存在だから嫌な思いをさせたくないという気持ちもあります。そのため今ではワキガのにおいを抑制する生活習慣や治療法などが増えてきています。

そこでワキガになってしまう原因としていろんな要因が挙げられています。日本人は10人に1人がワキガになるといわれています。他の国に比べると比率が低い分、他人の不快なにおいには敏感になっているといわれています。そのため深刻にとらえてしまう人がとても多いのが現状です。

ワキガになってしまう要因はいろいろありますが、その中でも約3割の人が遺伝が原因と言われています。両親がワキガの場合、子供には約80%の確率でワキガが遺伝するといわれています。もし両親のどちらかがワキガだった場合、約50%の確率で遺伝するといわれています。ワキガは遺伝が原因になる確率も高いですが、遺伝だからと諦める必要はありません。美容皮膚科などでワキガ治療を行っているため、症状を改善することが可能です。

関連リンク【http://www.shirono.net/
ワキガ治療を行っている美容皮膚科「シロノクリニック」です。